猫背の原因

筋力低下が猫背の原因

猫背になる原因としてしばしばいわれているのは、広背筋をはじめとした背中の筋力低下です。

背中を支える役割の筋肉が低下してしまうと、姿勢をうまく保つことができなくなり、上半身が前の方に倒れてしまいます。

ただし筋肉はいろいろな部位が密接にかかわっていて、背中の筋肉だけの低下で猫背が起きるとは限りません。

たとえば腸腰筋という骨盤を支える筋肉があるのですが、この筋力が低下すると骨盤がずれたりゆがんだりする可能性があります。

もし骨盤が正しい位置になければ、姿勢を正すために筋肉により大きな負担がかかります。

その結果、筋肉疲労を起こしやすくなって、猫背になってしまうことがあります。

たとえば猫背を指摘されて、背中の筋肉を強化するために背筋をしている人はいませんか?

背中の筋肉を鍛えても、一向に姿勢が改善しないという人もいるでしょう。

この場合、背筋だけでなく、腸腰筋に問題が起きている可能性があります。

もし背中の筋力がアップしても猫背がなかなか矯正できないのであれば、骨盤が正しい位置にきているかどうか確認をした方が良いでしょう。

もし骨盤がずれてしまっているのであれば、骨盤を正常な状態にするために腸腰筋を鍛えることを優先すべきです。

その上で、背中の筋肉を強化することで猫背の症状を改善できるでしょう。

腸腰筋はインナーマッスルと呼ばれる筋肉の1つで、歩くとか飛び跳ねるといった下半身の運動に深くかかわっています。

普段よく歩いている人は、腸腰筋が鍛えられているから大丈夫と思うかもしれません。

しかし歩き方に問題があると、腸腰筋が思ったよりも衰えている可能性があります。

特に注意したいのは、ペンギン歩きと呼ばれるスタイルです。

ペンギンのように足を上げずに膝から下だけを使って歩く歩き方のことで、これでは腸腰筋を十分活用していません。

腸腰筋を鍛えるのであれば、普段から意識して脚を上げて歩くように心がけると良いでしょう。

関連記事

  1. 猫背の原因

    猫背の特徴

    猫背と聞いて、背中の丸まっている状態をイメージする人も多いはずです。…

  2. 猫背の原因

    大胸筋と猫背の関係

    猫背になる原因として背中の筋肉の衰えがしばしば指摘されます。確…

  3. 猫背の原因

    パソコン仕事の方必見!猫背になりやすい姿勢とは

    どの業界でもパソコンを使った仕事は、もはや欠かせなくなっています。…

  1. 猫背矯正法

    猫背矯正インナーの活用
  2. 猫背矯正法

    バランスボールで猫背改善?
  3. 猫背矯正法

    猫背対策にお腹のストレッチを導入
  4. 猫背矯正法

    猫背対策の基本・ベーシックセブン
  5. 猫背矯正法

    胸椎のストレッチで猫背対策をする
PAGE TOP