猫背対策とあごを引く習慣

on
Categories: 猫背矯正法

猫背になっていると、首が前に突き出た姿勢になるはずです。

そうなると、おのずとあごが前の方に突き出した感じになるでしょう。

別に大したことはないと思う人もいるかもしれませんが、この状態が定着すると首に常に大きな負担をかける格好になってしまいます。

すると肩こりが悪化するなど、別の症状のきっかけになりかねません。

そこであごが猫背のために前に突き出ていると自覚があれば、あごを引く習慣をつけて、首になるべく負担を掛けないように心がけることも大事です。

あごを引くポイントですが、まず顔を正面に向けて、肩に力みのないようにリラックスすることです。

そしてあごを引いていくのですが、この時顔を上下に動かさず、あごを前後にスライドさせるようなイメージで動かしてみましょう。

そして、元の態勢に戻し、またあごを引いていきます。

この動きを何度か繰り返してみましょう。

簡単な運動であることがお分かりのはずです。

立っている状態でも座っている状態でも行えます。

仕事や家事の合間、テレビを見ている時など1日に何度でもこの運動をするチャンスはあるはずです。

猫背が慢性的になってから、かなり時間が経過していると首の関節が前に突き出た状態で固まっている可能性があります。

すると上で紹介したあごを動かす運動をすると、動かしづらいと感じる人もいるかもしれません。

その状態で無理に動かそうとすると、首に痛みが走る可能性がありますから、無理なく運動をしましょう。

様子を見ながら痛みを感じない範囲で、あごを動かしていきましょう。

この運動を何度も繰り返すことで、徐々に固まっていた首の関節がほぐれてきて、動かす時に痛みを感じずに済むようになるはずです。

そうなったら、徐々に上で紹介した運動に近づけていきましょう。

正しい姿勢に近づくと、体に特定の部分に大きな負担がかからなくなります。

すると体も軽くなって、快適に日常生活が送れるようになるでしょう。

できる範囲で猫背矯正をしてみましょう。