タグ: パソコン

Categories: 猫背の原因

どの業界でもパソコンを使った仕事は、もはや欠かせなくなっています。

中には1日何時間もパソコンに向かって仕事をしている人もいるでしょう。

パソコンに向かって仕事をしている人の中には、前かがみが慢性的になって猫背になっている人もしばしば見かけます。

もしデスクワークが中心で猫背が気になるのであれば、普段座って作業している時の姿勢に注意することです。

もし皆さんがパソコン作業をしている時に、あごを突き出すようにあげて、頭の上に何か乗っかっている時に落とさないように保ったような姿勢であれば、姿勢の改善をしましょう。

このような状態だと、首にかかる負担が大きくなりますし、腰や背中も丸まって猫背に向かって一直線です。

背中にコリやだるさを感じると、このようなあごの突き出た姿勢に知らず知らずのうちになっている可能性が高いです。

長時間デスクワークをしていても、猫背にならない座り方とはどのようなものでしょうか?

まず腰から背中にかけて丸まらずに、ピント背筋を伸ばすことを意識しましょう。

この姿勢をキープしていると、おのずとあごは軽く引いた状態になっているはずです。

そしてもう1つ、目線がディスプレイの情報に向く回数を少なくすることです。

画面を見下ろすように見ることを常日頃から心がけるようにしましょう。

このような姿勢を常にキープできていると猫背対策だけでなく、目の負担も軽減できます。

その日の勤務が終わるころには、目が疲れてショボショボしている人はもしかすると画面を見上げている状態が長時間にわたっている可能性が考えられます。

ドライアイ予防にも効果のある見方ですから、画面は見下ろすことを意識し、姿勢の改善を図りましょう。

仕事が忙しいとか、注意して行わないといけない作業だった場合、どうしても姿勢がおろそかになってしまう人は多いです。

気が付いた時だけでも自分の今の姿勢がどうなっているかチェックするだけでも、正しい姿勢でデスクワークができるようになるはずです。

4

Categories: 猫背の原因

猫背になる原因として背中の筋肉の衰えがしばしば指摘されます。

確かにそれが大きな原因の人もいますが、そのほかにも要因はあります。

たとえば、大胸筋が衰えることで肩関節が前方に引き付けられるような形になって、結果的に猫背になってしまうというパターンも少なくありません。

大胸筋はもともと、腕をあげるとか横に開くなど腕を動かすときに使う筋肉ですから、大事な筋肉ではあります。

しかし最近では、腕を大きく動かすことが少なくなっているため、大胸筋の筋力低下を引き起こす人も増えているのです。

特に現代人は、パソコンやスマホの画面を長時間見る傾向があります。

パソコンやスマホを使っている人は、自分の姿勢を思い起こしてみましょう。

大半の人は体が前傾して、背中が丸まった状態で画面を見ているはずです。

もしこの状態で1時間以上にわたって作業をしていると、大胸筋などの体の前側の筋肉はどんどん萎縮してしまいます。

すると前側の血流が悪化してしまって、筋肉の柔軟性が低下してガチガチに固まってしまいます。

その結果、猫背を誘発してしまう恐れが高まるのです。

中にはデスクワークの人で、長時間パソコンの画面に向かって作業しているケースもあるでしょう。

この場合、仕事がひと段落した所で背伸びをしてみましょう。

これだけでも胸の筋肉をストレッチすることができ、大胸筋がこわばらないようにできます。

目安としては、30分くらいパソコンの画面に向かって連続作業をしたら、背伸びをするくらいのペースが望ましいです。

もし仕事中にそのような姿勢になるのは難しいというのであれば、自宅に戻ったら背伸びする習慣をつけると良いでしょう。

スマホをプライベートで長時間使っている人はいませんか?

そのような人は、スマホにあまり依存しないように普段から心掛けることが大事です。

30分以上スマホの画面に熱中していたら、いったん休憩をはさんで胸の筋肉を伸ばしていたわるように注意することです。

10