タグ: 姿勢

Categories: 猫背矯正法

通販サイトなどを見てみると、猫背を矯正できるグッズがいろいろと販売されています。

その中でもしばしば見かける商品に、猫背矯正ベルトがあります。

猫背矯正ベルトとはどのような商品かというと、ベルトを体に巻きつけることで背中が丸まる、いわゆる猫背の状態を予防するベルトになります。

ベルトもしくはパッドの持つ、元に戻ろうとする力を利用して、背中が丸まりにくくするわけです。

猫背矯正ベルトを使うことで、正しい姿勢になるだけでなく、常日頃から姿勢への意識が強まるというメリットもあります。

猫背矯正ベルトの中にもいろいろな種類があって、上背部用や下背部用、腰猫背用といった感じでいくつかラインナップされています。

一般的には上背部用のものが良いとされています。

ただし猫背にはいくつかタイプがありますから、まずは医者に診察してもらって、自分はどの猫背のタイプに分類されるのかを確認しましょう。

そしてそのタイプに見合ったものを購入することです。

猫背矯正ベルトを購入する際に、もう1つ気をつけるべきこととして、サイズがあります。

あまりにブカブカの大きすぎるサイズを購入すると、矯正力がダウンしてしまって、思うように猫背の状態を改善できなくなります。

逆にキツキツの小さめのサイズのベルトを購入してしまうと、締め付けがきつくなって、そのことで不快感や、ひどくなると痛みを感じるかもしれません。

自分の体のサイズにジャストフィットできるようなものを探しましょう。

猫背矯正ベルトを使うにあたって、あまり負荷を大きく最初からかけるのは控えた方が良いでしょう。

長時間連続で使用していると、背中に無理な負荷のかかる可能性が高いです。

その結果、背骨を傷めるといったことも十分考えられます。

いきなり短期間で猫背を矯正しようと考えるのではなく、無理のない範囲で徐々に矯正していくことが大事です。

また常日頃から姿勢を意識して、正しい姿勢が保てているかどうかもチェックすることも重要です。

10

Categories: 猫背矯正法

最近では猫背を矯正するためのグッズもいろいろと販売されています。

猫背にはストレッチなどの対処法もありますが、仕事などの関係でなかなか毎日続けられないという人は、猫背矯正グッズを使って対策してみませんか?

手軽に実践できる猫背矯正グッズの中の一つに、猫背矯正インナーがあります。

猫背矯正インナーは下着のスタイルをとったグッズで、着ているだけで猫背を矯正してくれるものです。

実際猫背矯正インナーを身に着けるだけで、背筋が伸びて、姿勢をきれいに見せてくれる商品もあります。

姿勢を矯正することで、代謝の力がアップするといわれていて、脂肪燃焼でダイエット効果も期待できるかもしれません。

男性用もありますし、女性用の猫背矯正インナーもたくさん販売されています。

女性用の猫背矯正インナーの場合、背筋を伸ばしてくれるだけでなく、バストアップ効果も期待できるような商品もあります。

バストを下から持ち上げるような格好で矯正してくれるので、いくつになってもバストが垂れることなく、ツンと上を向いた状態を維持できるでしょう。

女性用の矯正インナーの中には、カップ付きサポートインナーもあります。

これはブラジャーをつけなくても身に着けることのできるインナーです。

カップの部分がバストのところをしっかりカバーしてくれるので問題はありません。

バストの形が崩れないようなデザインをしているのも安心材料です。

カップ付きサポートインナーは肩甲骨のところを開かせてくれるような効果があります。

その結果背筋がピンと伸びて、美しい姿勢をいつまでも無理なくキープできます。

前方にファスナーがついていて、ファスナーを開け閉めすることで着脱ができますから簡単です。

猫背を手軽に治したいというのが、猫背で長年悩まされている人の本音でしょう。

そのような人は猫背矯正インナーを購入するのがオススメです。

インナーを着ているだけでOKですから、誰もが手軽に実践できます。

10

Categories: 猫背矯正法

現代人の猫背の理由を見てみると、パソコンやスマホの画面を長時間見ていることが原因のケースが多いです。

パソコンやスマホを長時間凝視していると、どうしても体が前のめりのような格好になってしまいます。

結果、背中が丸まってしまって猫背の状態になるわけです。

そこで猫背対策として、背中の筋肉をストレッチしてほぐすことが大事です。

デスクワークなどで長時間背中を丸めることが多いと自覚のある人は、お腹の筋肉を伸ばすストレッチを日常生活に取り入れましょう。

お腹の筋肉を伸ばすことで、上半身を起こしやすくもなります。

お腹のストレッチの方法ですが、まずうつ伏せに床に寝ましょう。

脚は肩幅くらいに広げた状態で横になります。

そして腕立て伏せをやるような感じで、両手を床につけましょう。

そして両腕を突っ張るような感じで、床から上半身を起こしていきます。

この時両足は床にくっつけたままで構いません。

そしてできるだけ上半身を上の方に引っ張り上げてみましょう。

そうすると腹筋のところがひっぱられて、伸びている感触があるはずです。

痛みの出ない範囲で腹筋を伸ばして、マックスのところで20~30秒くらいその体勢をキープしましょう。

このお腹のストレッチをすることで、背中も反ったような形になるはずです。

猫背の方の背中は普段丸まっていることが多いですから、逆の動きをすることで背中の筋肉をほぐすこともできるわけです。

このストレッチをする時のポイントですが、目線があります。

体を起こしたときに天井に視線を持っていくように意識しましょう。

そうすれば、腹筋はさらに伸びますし、背中の反りも向上します。

また序半身を起こすときには、肩に力みが加わらないようにリラックスさせることも重要です。

このストレッチですが1日2回を目標に毎日続けましょう。

腹筋や背筋をほぐすことができ、本来の美しい姿勢に矯正することもできるかもしれません。

自宅に帰ってきてからのちょっとした自由時間にできるストレッチのはずです。

7

Categories: 猫背矯正法

猫背になっていると、首が前に突き出た姿勢になるはずです。

そうなると、おのずとあごが前の方に突き出した感じになるでしょう。

別に大したことはないと思う人もいるかもしれませんが、この状態が定着すると首に常に大きな負担をかける格好になってしまいます。

すると肩こりが悪化するなど、別の症状のきっかけになりかねません。

そこであごが猫背のために前に突き出ていると自覚があれば、あごを引く習慣をつけて、首になるべく負担を掛けないように心がけることも大事です。

あごを引くポイントですが、まず顔を正面に向けて、肩に力みのないようにリラックスすることです。

そしてあごを引いていくのですが、この時顔を上下に動かさず、あごを前後にスライドさせるようなイメージで動かしてみましょう。

そして、元の態勢に戻し、またあごを引いていきます。

この動きを何度か繰り返してみましょう。

簡単な運動であることがお分かりのはずです。

立っている状態でも座っている状態でも行えます。

仕事や家事の合間、テレビを見ている時など1日に何度でもこの運動をするチャンスはあるはずです。

猫背が慢性的になってから、かなり時間が経過していると首の関節が前に突き出た状態で固まっている可能性があります。

すると上で紹介したあごを動かす運動をすると、動かしづらいと感じる人もいるかもしれません。

その状態で無理に動かそうとすると、首に痛みが走る可能性がありますから、無理なく運動をしましょう。

様子を見ながら痛みを感じない範囲で、あごを動かしていきましょう。

この運動を何度も繰り返すことで、徐々に固まっていた首の関節がほぐれてきて、動かす時に痛みを感じずに済むようになるはずです。

そうなったら、徐々に上で紹介した運動に近づけていきましょう。

正しい姿勢に近づくと、体に特定の部分に大きな負担がかからなくなります。

すると体も軽くなって、快適に日常生活が送れるようになるでしょう。

できる範囲で猫背矯正をしてみましょう。

8

Categories: 猫背矯正法

テレビなどで社交ダンスに高じている男女の姿を目にしたことのある人も多いでしょう。

この時、社交ダンスをしている人は老若男女関係なく、みな姿勢がきれいだなと思いませんか?

なぜ社交ダンスをしている人の背筋はピンとしていて綺麗なのかというと、ダンスパートナーが重要な役割を担っているといいます。

社交ダンスのとき、ダンスパートナーの手が背中をぐっと押さえるような形になります。

すると結果的に押さえられた方は胸が開くような格好になって、背筋のピンと伸びた美しい姿勢を保つことができるわけです。

猫背で悩んでいる人の中には社交ダンスに興味のある人もいるでしょう。

でもダンスの経験がない、仕事などでレッスンを受ける時間がないという人もいるはずです。

実はそのような人でも社交ダンスを行っているときと同じように、背筋を伸ばせるような商品があります。

ぐいっと背筋ベルトの特徴

社交ダンスの基本姿勢が、このベルトを装着することで経験のない方でもすぐに作れます。

ぐいっと背筋ベルトは、背中からたすき掛けをするような感じで装着します。

このため、ぐいっと背筋ベルトを装着していると、肩が後ろに引っ張られるような形になります。

結果胸が開き、背筋がピンと伸びた社交ダンスの姿勢を維持できるわけです。

ちなみに肩が引っ張られるといっても、そこまで強い力ではありません。

無理のない引っ張り方をしてくれるので装着しているときに不快な感じがないですし、長期間装着できるはずです。

口コミサイトを見てみると、背中から肩の筋肉がストレッチしているのと同じような効果が実感できるといいます。

このため、装着していると非常に気持ちいいといいます。

個人差がありますが、大体口コミサイトを見ると装着して1か月くらい経過すると、ベルトなしでも背筋のピンと伸びた姿勢を自然と作れるようです。

慢性的な頸の痛みや腰痛が、通院の必要のないレベルにまで回復したという体験談も見受けられます。

7

Categories: 猫背矯正法

バランスボールと呼ばれる商品を目にしたことがある、名前を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

ボールの上にのることで体のバランス能力が向上したり、インナーマッスルというコアの筋肉が鍛えられたりといった恩恵があるといわれています。

アスリートの中でも体のバランスを整えるためにトレーニング機器として使っている人も多いですし、一般の方でもダイエットや美容のためにバランスボールを常日頃から使っている人も多いです。

実はこのバランスボール、使い続けることで猫背の矯正にもメリットがあるといわれています。

バランスボールは先ほども紹介したように、インナーマッスルを鍛えることで体のバランス感覚を向上させるのが目的の商品です。

つまり不安定なバランスボールの上にバランスを保ちながら乗り続けることで、体のゆがみを解消して、正しい姿勢を獲得できる可能性は高いです。

猫背の人は、体の歪んでいることが多いです。ですから効果が十分期待できるわけです。

猫背の人の姿勢は、前傾姿勢になりがちです。

背中が丸まることで、首が前の方に出ていく傾向があるからです。

もしバランスボールを使って姿勢の矯正をしたいのであれば、背骨の伸びた正しい姿勢を体に覚えさせることのできるようなトレーニングをしましょう。

その方法としておすすめなのは、バランスボールの上にあおむけになって寝転がってみましょう。

そうすれば、バランスボールの曲線によって、背骨がのばされるはずです。

首や背中が後ろに反ったような感じになって、いつもの前に丸まったのと逆の態勢ができます。

背骨が伸び、背中や首が後ろに反る感覚を猫背の人は忘れてしまっている可能性があります。

ボールの上にあおむけに乗ることで、その忘れてしまった感覚を取り戻す所から始めてみましょう。

バランスボールを購入するときには、自分のサイズに合ったものを購入しましょう。

座った時に膝が90度に曲がるようなものが自分の体形にフィットしたボールだといわれていますから、参考にしてみてください。

26

Categories: 猫背の原因

どの業界でもパソコンを使った仕事は、もはや欠かせなくなっています。

中には1日何時間もパソコンに向かって仕事をしている人もいるでしょう。

パソコンに向かって仕事をしている人の中には、前かがみが慢性的になって猫背になっている人もしばしば見かけます。

もしデスクワークが中心で猫背が気になるのであれば、普段座って作業している時の姿勢に注意することです。

もし皆さんがパソコン作業をしている時に、あごを突き出すようにあげて、頭の上に何か乗っかっている時に落とさないように保ったような姿勢であれば、姿勢の改善をしましょう。

このような状態だと、首にかかる負担が大きくなりますし、腰や背中も丸まって猫背に向かって一直線です。

背中にコリやだるさを感じると、このようなあごの突き出た姿勢に知らず知らずのうちになっている可能性が高いです。

長時間デスクワークをしていても、猫背にならない座り方とはどのようなものでしょうか?

まず腰から背中にかけて丸まらずに、ピント背筋を伸ばすことを意識しましょう。

この姿勢をキープしていると、おのずとあごは軽く引いた状態になっているはずです。

そしてもう1つ、目線がディスプレイの情報に向く回数を少なくすることです。

画面を見下ろすように見ることを常日頃から心がけるようにしましょう。

このような姿勢を常にキープできていると猫背対策だけでなく、目の負担も軽減できます。

その日の勤務が終わるころには、目が疲れてショボショボしている人はもしかすると画面を見上げている状態が長時間にわたっている可能性が考えられます。

ドライアイ予防にも効果のある見方ですから、画面は見下ろすことを意識し、姿勢の改善を図りましょう。

仕事が忙しいとか、注意して行わないといけない作業だった場合、どうしても姿勢がおろそかになってしまう人は多いです。

気が付いた時だけでも自分の今の姿勢がどうなっているかチェックするだけでも、正しい姿勢でデスクワークができるようになるはずです。

4

Categories: 猫背の原因

猫背になる原因として背中の筋肉の衰えがしばしば指摘されます。

確かにそれが大きな原因の人もいますが、そのほかにも要因はあります。

たとえば、大胸筋が衰えることで肩関節が前方に引き付けられるような形になって、結果的に猫背になってしまうというパターンも少なくありません。

大胸筋はもともと、腕をあげるとか横に開くなど腕を動かすときに使う筋肉ですから、大事な筋肉ではあります。

しかし最近では、腕を大きく動かすことが少なくなっているため、大胸筋の筋力低下を引き起こす人も増えているのです。

特に現代人は、パソコンやスマホの画面を長時間見る傾向があります。

パソコンやスマホを使っている人は、自分の姿勢を思い起こしてみましょう。

大半の人は体が前傾して、背中が丸まった状態で画面を見ているはずです。

もしこの状態で1時間以上にわたって作業をしていると、大胸筋などの体の前側の筋肉はどんどん萎縮してしまいます。

すると前側の血流が悪化してしまって、筋肉の柔軟性が低下してガチガチに固まってしまいます。

その結果、猫背を誘発してしまう恐れが高まるのです。

中にはデスクワークの人で、長時間パソコンの画面に向かって作業しているケースもあるでしょう。

この場合、仕事がひと段落した所で背伸びをしてみましょう。

これだけでも胸の筋肉をストレッチすることができ、大胸筋がこわばらないようにできます。

目安としては、30分くらいパソコンの画面に向かって連続作業をしたら、背伸びをするくらいのペースが望ましいです。

もし仕事中にそのような姿勢になるのは難しいというのであれば、自宅に戻ったら背伸びする習慣をつけると良いでしょう。

スマホをプライベートで長時間使っている人はいませんか?

そのような人は、スマホにあまり依存しないように普段から心掛けることが大事です。

30分以上スマホの画面に熱中していたら、いったん休憩をはさんで胸の筋肉を伸ばしていたわるように注意することです。

10

Categories: 猫背矯正法

猫背の状態が慢性的になると、肩こりや首の痛み、腰痛といった各種症状が出る可能性も考えられます。

この痛みが強い人の中には、近くの整体院に行って症状改善を目指す人も出てくるでしょう。

整体院で施術を受けるのも1つの方法です。

しかし施術を受けたことで、一時的に症状が改善するかもしれませんが、完璧に猫背の症状を治癒することは整体だけでは難しいことも理解しておきましょう。

なぜなら首や肩の凝り、腰痛は猫背という皆さんが普段行っている姿勢が原因だからです。

つまり施術を受けて一時的に症状が軽減されても、また元の猫背の悪い姿勢を続ける、運動不足によって筋力がダウンしていると結局まだ痛みがぶり返してしまいます。

整体に行って症状が和らぎ、またしばらくすると症状がぶり返して、また整体院に通うという悪循環を繰り返すことも十分考えられます。

猫背対策と整体院との併用がベスト

そこで自分でも猫背対策をして、整体院と併用するのがベストの方法といえます。

整体ですが一時的に痛みの症状を緩和するだけでなく、そのほかにも効果はあります。

たとえば猫背の原因の中には筋力の低下以外にも、骨盤がずれたりゆがんだりして正しいところに位置していないことも考えられます。

整体の施術を受ければ、この骨盤のゆがみやずれを矯正できます。

結果的に猫背の症状も緩和され、首や肩のコリや腰痛の起きる頻度を少なくできるかもしれません。

整体院を利用するのであれば、ただ施術をしてくれるだけでなく、日ごろどのようなことに気をつけるべきかアドバイスしてくれる所を見つけましょう。

たとえば日常生活に関して問診を行ってくれ、皆さんが普段やっている行動の中で猫背を悪化させる週間を指摘してくれ、どのように対策すべきかとか、自分で毎日できるストレッチの方法などをアドバイスしてくれる整体院を見つけましょう。

整体院で体のゆがみやコリ、痛みなどの各種症状を改善して、自分でも生活習慣の見直しを進めるのがベストです。

8