タグ: 悪影響

Categories: 猫背の原因

どの業界でもパソコンを使った仕事は、もはや欠かせなくなっています。

中には1日何時間もパソコンに向かって仕事をしている人もいるでしょう。

パソコンに向かって仕事をしている人の中には、前かがみが慢性的になって猫背になっている人もしばしば見かけます。

もしデスクワークが中心で猫背が気になるのであれば、普段座って作業している時の姿勢に注意することです。

もし皆さんがパソコン作業をしている時に、あごを突き出すようにあげて、頭の上に何か乗っかっている時に落とさないように保ったような姿勢であれば、姿勢の改善をしましょう。

このような状態だと、首にかかる負担が大きくなりますし、腰や背中も丸まって猫背に向かって一直線です。

背中にコリやだるさを感じると、このようなあごの突き出た姿勢に知らず知らずのうちになっている可能性が高いです。

長時間デスクワークをしていても、猫背にならない座り方とはどのようなものでしょうか?

まず腰から背中にかけて丸まらずに、ピント背筋を伸ばすことを意識しましょう。

この姿勢をキープしていると、おのずとあごは軽く引いた状態になっているはずです。

そしてもう1つ、目線がディスプレイの情報に向く回数を少なくすることです。

画面を見下ろすように見ることを常日頃から心がけるようにしましょう。

このような姿勢を常にキープできていると猫背対策だけでなく、目の負担も軽減できます。

その日の勤務が終わるころには、目が疲れてショボショボしている人はもしかすると画面を見上げている状態が長時間にわたっている可能性が考えられます。

ドライアイ予防にも効果のある見方ですから、画面は見下ろすことを意識し、姿勢の改善を図りましょう。

仕事が忙しいとか、注意して行わないといけない作業だった場合、どうしても姿勢がおろそかになってしまう人は多いです。

気が付いた時だけでも自分の今の姿勢がどうなっているかチェックするだけでも、正しい姿勢でデスクワークができるようになるはずです。

4

Categories: 猫背の影響

猫背になっているといわれて、すぐに何らかの対策を講じないといけないと思う人は少ないかもしれません。

猫背は病気ではないし、すぐに何かをしなくても自分の生活に大きな影響はないだろうと高をくくっている人もいるでしょう。

しかし猫背の状態をそのまま放置し続けると、いろいろとほかの症状を引き起こす可能性があります。

まず猫背の方の場合、首が前に突き出た格好になります。

これは首に大きな負担をかけるので、首周辺にいろいろな症状を引き起こします。

たとえば頭痛や目の疲れ、肩こりといった症状を引き起こす可能性があります。

首には神経の束が走っていますが、無理な姿勢を続けていると、この神経にも悪影響が出るかもしれません。

結果、手足のしびれを誘発する可能性があります。女性にとっては、首のしわが目立つようになって、実年齢よりも上に見られるかもしれません。

猫背の状態が続くと、腰にも大きな負担を掛けます。

まず慢性的な腰痛、痛みというほどではないけれども腰にだるさを感じる人も出てくるでしょう。

また、なかなかお通じが来ない便秘症を誘発する可能性があります。

さらには足先の冷え性を引き起こす恐れもあります。

代謝の力がダウンすることで、いわゆる下腹のぽっこりお腹で今まで履けていたズボンが履けなくなるといった事態も考えられます。

さらに猫背が続くことで、胸の周辺の筋肉にも影響が出てきます。

女性の場合、バストが垂れてくるというかなり深刻な事態を引き起こすかもしれません。

また上半身が前掲することで、内臓が圧迫されるような形になります。

そうすると内臓が本来の機能を十分に果たすことができなくなって代謝が落ち、太りやすく痩せにくい体質になるかもしれません。

その結果、ウエストの周辺に余計な贅肉が知らず知らずのうちについてしまうことも考えられます。

肩から胸が圧迫されることで、肩甲骨の周辺に痛みを感じるという人も少なくないです。

このように、たかが猫背と思うかもしれませんが、全身にいろいろな症状を引き起こしかねないのです。

5

Categories: 猫背の影響

猫背をそのままの状態にしておくと、身体面で様々な不調を誘発する可能性があります。

そして身体面だけでなく、猫背は精神面にも悪影響を及ぼすことがあるといわれています。

実はコンプレックスが猫背にさせてしまう傾向があるといわれています。

たとえば人見知りをする内向的な方の場合、どうしても人前では目立たないようにしようと本能が働きます。

その結果、体を小さくしようとして背中を普段から丸める傾向があるといいます。

その他にも女性の場合、バストが大きいことがコンプレックスになるケースも少なくありません。

特に小中学生で胸が大きくなりだしたあたりで、はっきりと服を着ていても目立つふくらみだとそれを隠そうとする女子も多いです。

胸が目立たないようにするためには、体を縮こめるわけで、背中を丸めることが日常的になります。

その他にもほかの同級生と比較して背が飛び超えて高いと、そのことが目立たないように背中を丸めこむ子どもも見られます。

このようなコンプレックスを抱えた状態だと、猫背の症状をどんどん悪化させかねません。

しかも猫背の状態が悪化すると、メンタルヘルスも悪化させてしまいかねません。

身体が丸まっている状態である猫背は、呼吸器官を圧迫する形になります。するとどうしても普段から呼吸は浅くなってしまいます。

その結果、自律神経のバランスが崩れてしまうことがあるのです。

これが精神的な不安定さを引き起こして、ひどくなると猫背を原因としてうつ病のような症状が出てしまうケースもあります。

うつ病を発症するのはかなりのレアケースですが、猫背が精神面と密接に関係していることもまた事実です。

猫背を気にしているけれども、あまり深刻に考えていない人も多いでしょう。

しかしこのように身体面と精神面、両方に悪影響を及ぼす可能性があります。

猫背は簡単な方法でも症状を改善することも可能です。

症状に心当たりのある人は自分でできるところから、猫背対策をしてみませんか?

5